So-net無料ブログ作成

とある科学の超電磁砲 第11話「木山せんせい」 [とある科学の超電磁砲]

とある科学の超電磁砲 第11話「木山せんせい」

とある科学の超電磁砲 第11話「木山せんせい」

「幻想御手(レベルアッパー)」の開発者は木山。患者の脳波から開発者の割り出しに成功した美琴たちは、初春が木山のもとを訪れていると聞き、すぐさま「警備員(アンチスキル)」の出動を要請する。一方、木山の車に乗せられた初春は、「幻想御手」開発の理由――「樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)」の代わりとなる演算装置が必要だったと聞かされる。「幻想御手」の副作用――複数の能力を操って、周りを囲んだ「警備員」たちをなぎ倒す木山。その前に立ちふさがった美琴は、複数の能力による攻撃に苦しみながらも何とか木山を捕まえが、その時、彼女の記憶が美琴の頭に流れ込んできた・・・・・・。





レベルアッパーを使う副産物で、能力者ではなかった木山が、能力を使えるようになっていた。
本来は1つのはずが、木山は複数の能力が使える状態


木山のいろんな能力に、美琴は驚いたり苦戦したりしたけど、木山を捕まえてのゼロ距離からの電撃攻撃。

木山を気絶させた美琴。
その時に、美琴と木山の間に電気を介した回線が繋がることで、木山の過去の記憶が美琴に流れ込んできた

木山のやろうとしていたことは、自分の利益のためとかではなかった。
けれど、真実を知らせずにレベルアッパーを広めて、人の脳を借りようとしたことは、決して許されるものでも無い。
そんな時に、突然木山の様子がおかしくなって、いきなり現れた胎児のような姿をした何か。
禍々しい雰囲気を醸し出していたが、この何か・・との戦いは次回ですね。

次回、第12話「AIMバースト」





【古本】とある科学の超電磁砲 [1~3続巻] (著)鎌池和馬/冬川基



リエンジェ ピュアリフトコラーゲン
リエンジェ ナノクリアジェル
リエンジェ セクシャルラブソープ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

商業・同人ダウンロード販売

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。